摂取の仕方

ナットウキナーゼサプリメントランキング

 ナットウキナーゼの主な働きは血栓を溶解させることです。よって、その効果が最大限に発揮できるように摂取することが重要です。血栓は深夜から早朝の時間帯にできやすく、その時間帯にナットウキナーゼが働けば、血栓症予防に大きな効果を発揮します。サプリメントでナットウキナーゼを摂取する場合はそれぞれの飲み方に従うべきですが、もし普段の食事で摂取したいならば、夕食に納豆料理を組み込むことで血栓溶解作用をうまく働かせることができるでしょう。夕食にちょうどいい納豆料理を紹介しているのでこちらも参考にしてください。
 40代以上、ストレスが多い、高血圧、血液粘性が高い、などという特徴がある方はナットウキナーゼの定期的な摂取を心懸けた方がいいでしょう。ただし、ナットウキナーゼが含まれる納豆には、血液凝固作用を持つビタミンK2も含まれているため、ワーファリン服用者は納豆を食べることができないでしょう。ナットウキナーゼを摂取したいときは、ビタミンK2が除去されているサプリメントを利用しましょう。