ナットウキナーゼについて

ナットウキナーゼサプリメントランキング

 ナットウキナーゼとは、日本固有の伝統食品「納豆」のネバネバ部分に多く含まれている固有の酵素のことです。須見洋行によって1980年に発見、命名されました。この酵素は、血栓の素となるフィブリンというタンパク質を分解し、血栓症予防に効果を発揮します。煮た大豆を納豆菌が発酵させたとき、納豆は生成されますが、ナットウキナーゼは唯一この生成過程でのみ産出されます。納豆を直接食べることでナットウキナーゼは摂取することができますが、馴染みのない欧米人や納豆が嫌いな人のために、現在ではナットウキナーゼを含むサプリメントが開発されていて、簡単に摂取できるようになっています。