血栓症について

ナットウキナーゼサプリメントランキング

 血栓症は、血流が血栓によって遮られるために付近の臓器に血液が流れなくなることです。そうして、末梢臓器の細胞が死滅すると、梗塞と呼ばれ、その場所によって脳梗塞や心筋梗塞といった風に名称が変わります。血栓は文字通り、血液の塊であり、主に血管壁が傷つけられた場合に発生します。
 近年の食生活や生活習慣の変化により、ドロドロ血液の人が増えてきています。つまり、血栓ができやすく、できたものが溶けにくくなってきているのです。若い人でも血栓症が発症するリスクはあり、35歳以上の方は特に注意した方がいいでしょう。血栓症は多くの場合、自覚症状なしで、ある日突然発症することが多いです。そのため、日頃からきちんとした予防をすることを心懸けましょう。